読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

ライフログの味方、行動記録を取れる”Moves”とそれを出力する”Activity Diary”について

1日の行動範囲が分かる

アプリを起動させる(ONにしておく)だけで、

1日の行動記録を取り続けてくれるアプリです!

 

どうも、過去には300円の有料アプリだったようですが

あの『Facebook』によって買収されたようで・・・

現在は無料です。

 

 

ライフログに使えるのか!?!?

とりあえず、1日どこ行ったかが

移動するたびに記録されていく

ので、旅行した時とかに行動を思い出すのに重宝してます。

 

 

他の機能とか

徒歩/自転車/車などの交通手段ごとの計測が出来る

スマホの移動時間によって、

自動で徒歩とか自転車の判別をしてくれます。

 

時間/歩数/カロリーの計算が見れる

徒歩何分、何歩、消費カロリーは何cal

というように、切り替えて表示させることが出来ます。

 

Googleマップ上で、移動経路を見ることが出来る

 

 

 

精度を求めるなら、普通の万歩計で

僕は、バッテリー重視で使用しているんですが、

バッテリー持ちが何もしてなくても1日40%くらいに減ります。

 

精度もその分、落ちます。

 

 

それが嫌で、精度重視モードにするなら

バッテリーがガンガン減っていくのが予想出来ます。

 

 

なので、僕は行動経路を記録するためのアプリとして使用しています。

 

 

 

Evernoteにも自動で記録できる

Activity Diaryというアプリを使うことで、

Evernoteにノートとして記録を残しておくことが出来ます。

 

iPhone スクリーンショット 1iPhone スクリーンショット 2

 

これによって、1か月前どこ行ったかなー?

って時も、すぐに見返すことが出来ます。

 

 

このアプリでやることは、バッテリーの持ちを気にするだけ

このアプリで操作することって、特にないんです。

見返すアプリ。

 

だから、バッテリーが切れるとログを取ってくれないんで

移動中にバッテリーが切れないように・・・

というのを気にするだけで良い!!

 

 

というのが、このアプリの利点ですね。