読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

実写版「シンデレラ」の感想とかおっぱいとか。

 

www.disney.co.jp

 

 

ディズニー映画の王道中の王道

 

『シンデレラ』

 

が、実写化されました。

 

 

 

 

ストーリー

貿易商の父と優しく美しい母の愛情を一身にうけ、幸せな子ども時代を過ごしていたエラ。しかし、母が病に倒れこの世を去り、仕事で長旅が多い父は、エラをひとりで家に残すことを忍びなく思い、新たな妻を迎え入れるが、旅先で父までもが帰らぬ人となってしまう。すると、まま母と姉たちはエラに辛くあたるようになり、山のような仕事を言いつけ、屋根裏に住まわせ、召使のような扱いをするように…。寒さに耐えられない夜、ぬくもりの残る居間の暖炉の前で眠ったエラ。翌朝、顔に暖炉の灰をつけたまま働くエラを、姉妹は“灰まみれのエラ=シンデレラ”と呼び、大笑いする。
残酷な仕打ちに耐え続けたエラだったが、涙を抑えきれず家を飛び出してしまう。森に馬を走らせたエラに、城で働いているという“キット”と名乗る青年が声をかけてくる。彼と話すうちに自然とエラは笑顔を取り戻していた。彼は「また会おう」と言い残し、城へ帰っていった。

ある日、城で王子の妃選びの為に国中の未婚の女性を招いての盛大な舞踏会が開かれることに。
エラは「キットに会えるかもしれない」と考え、亡き母のドレスを着て参加しようとするが、まま母と姉たちにドレスを引きちぎられてしまう。希望を失いかけていたエラの前に、フェアリー・ゴッドマザーが現れる。
彼女が魔法の杖を振ると、カボチャは馬車に、トカゲは御者に、破れたドレスは美しいドレスに、そして、履きなれた靴は、光り輝くガラスの靴に変わった。
「魔法が続くのは12時まで。さあ、楽しんでおいで」。エラはキットに会うために、お城に向かうのだった。

 

 

キャスト

 

感想

 

もう、おっぱい。

 

谷間ばっかり見ちゃう・・・

 

 

というのは冗談で(汗)、

 

 

原作を少し崩してる

 

これは良くも悪くも受け取れると思いますが、

 

  • いきなり森でチャーミング王子と会っちゃったり
  • シンデレラが結構外出出来たり
  • フェアリー・ゴッドマザーが若かったり

 

と、ちょっとマイナーチェンジが施されています。

 

 

映像美が半端無くキレイ!!

 

僕はブルーレイで見たんですが、

セット・CG含めて映像がキレイすぎる!!

 

解像度とか、機能の問題じゃなくて世界観の話しです。

 

ガラスの靴は、アクリル製のもので代用してて

本物は・・・というか、

 

 

ガラスの靴は人間が履けないそうです。

 

 

耐久力の問題で、そんな靴はつくれない!と聞きました。

 

あと、舞踏会の会場は、セットのようです。

CGじゃないのね!!

 

 

王道で、とりあえず面白い。

 

劇的に、おもしろい!!!!

ってわけではないですが…

 

 

シンデレラ見たことない人は、

昔のアニメーション見るより全然面白いと思うし、

 

見たことある人も、

原作との違いだったり映像美に、シンデレラの良さをまた感じるだろうし、

 

男の人でも、おっぱ…←

 

見ておいて損はないと思います。

THE 映画!!

って感じです。