読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

天気について

くらし 旅行
 

天気というのは、毎日気になります。

 
特に、お出かけの日に
「雨が降らないか」
どうかというのが、一番気になります(°_°)
 
 
でも、1週間前に晴れって出ても、
前日に曇りって出ても、
当日朝小雨でも、
 
午後には大雨(*_*)
 
天気予報なんてアテにならん!!!!
 
 
 
なので、少しでも確率を上げたいので…
 
天気の原理を知ってみようと思いまして。
 
 
 
天気というのは、
 
  1. 晴れ
  2. 曇り
 
と、大きく分けられます。
 
 
そこから、Wikipediaによると、
 
どの場所に(空間的分布)、どれくらいの期間に(時間的分布)、どれくらいの強さ・速さで(量的分布)現れたのかを示す必要がある。
 
ので、世界で使われる天気種類は、
96種類
なんだそうです。
 
 
天気予報の行われ方
 
1、観測する
 
・レーダー
 
 
2、観測データを集める
 
観測したデータが、スーパーコンピューターに集められて、処理する
 
 
 
3、その土地の地形を知ってる人などが、修正などする
 
 
4、天気予報として、発信される
 
 
 
天気のことわざで、傾向をしる
 
  • クモが巣をつくると、晴れ
  • 夕焼けだと、次の日が晴れ
  • 夕虹は、晴れ
  • 朝虹は、雨
  • カエルが鳴くと、雨
  • ツバメが低く飛ぶと、雨
  • ネコが顔を洗うと、雨
  • 飛行機雲が消えないと、天気が悪くなる
 
これらを踏まえて、天気を予想してみます。