読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

生命保険を考える時期か・・・本当に入るべきか、リアルに考えてみる

生命保険って、なに?

自分が病気などで、入院したり死んじゃったり・・・

会社で働いてたのに、給料がもらえなくなって困る

ということがないように、お金をもらえる制度です。

 

デメリットは何かあるの?

 

メリットは分かった。

でも、タダでもらえることはない。

 

  • 毎月、支払いが発生する
  • 結局、ムダに終わるという可能性がある

 

f:id:prince-yuhki:20151108001518p:plain

引用:住友生命

 

 

生命保険に入るべきか・・・

 

toyokeizai.net

 

この記事によると、

生命保険には入らなくていい

という結論がされていました。

 

 

20代の場合、未婚なら親に入る・・・

という形になりますが、果たしてそれが有益なのかどうか。

親は、資産を持っているから入る必要はない、とのことです。

 

 

既婚の場合は、

若い奥さんは他の男に鞍替えするから必要ないとのこと。

 

 

がんについては?

がん保険であっても、

基本は生存するサポートをする保険で

死んでからの保障は考えてない・・・

 

 

しかも、がんの3大治療法

 

 

仮にこれ以外の治療が必要になった場合は、

保険によっては適用されないというケースもあるそうです。

 

 

しかも、

で、まかなえるとのこと。

 

 

高額医療費という制度

高額医療になっても、『高額医療費』という制度を利用して

100万円の医療費を自己負担10万くらいにおさえられるのだそう。

 

算出式(高額医療費)

自己負担限度額 = 80,100円 + (医療費 - 267,000円) × 1%

 

→入院時に、毎月10万の支出を考えて保険料を払わず貯めておく

 

 

入院でもらえたとしても、損をする!?

社会保障制度があるので、

入院が長ければ長いほど、国のお金がピンチになる

 

 

そのため、入院期間を短くする傾向があるようです。

入院期間(生涯)は平均30日なのだとか。

 

つまり、

月々3,000円の保険の支払いをしていて、入院の日当1万だった場合

生涯の入院期間72日ないと元が取れません。

 

 

そもそも、会社員なら保障される

傷病手当金

働けなくなってから、最大で1年半適用される

給与の2/3がもらえる制度です。

さらに、上乗せ金がもらえるところも多く、80%近くもらえるようです。

 

※ただし、自営業の国民健康保険にはないようです。。。

 

 

世帯主が死んじゃったら!?

遺族年金

いろんなケースで、お金が前後するようですが

サラリーマンで、こども2人の場合

月15万くらい

 

ただし、期限があるケースもあるようです。

僕が調べた限り、子持ちの妻に対しては一生涯のようです。

 

 

参考サイト(日本年金機構

https://www.nenkin.go.jp/service/jukyu/izokunenkin/jukyu-yoken/20150424.html

 

 

会社からの死亡退職金

会社によっては、死亡退職金が出るようです。

 

 

住宅ローンのリセット

団体信用保険というものに入って、

住宅ローンの支払いに勝手に追加されているのですが

 

これがあることで、世帯主が亡くなったら住宅ローンの支払いはなくなり

持ち主も妻に移行される・・・

ということです。

 

 

選択肢として・・・

  1. 生命保険に入らない(ただし、貯金が必要)
  2. 生命保険に入る(貯金はいらない)

 

1の場合

生命保険に入らない場合、

僕が死んだ時は、社会保障でまかなうことになります。

 

月15万 + 死亡退職金

 

これで、生活していけるのか・・・

ということです。

 

 

2の場合

  • 月々、家計を圧迫せずに支払えるのか
  • ムダにならない掛け捨てじゃない保険があるのか

 

が、焦点になってきます。