読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

【こども・育児】先生との面談に行ってきました

小1の子についての面談

 

 

 

長男が、小1なんですが

その面談に行ってきました。

 

 

意外と悪い(直したい)ことも言ってきた

最近の学校は、良いことばかりしか言わなくて

悪いことは言わないという噂がありました。

 

 

 

けれど、結構

「ここを直したい」ということを言ってきてくれました。

 

親側としては、過保護じゃなくて

我が子を”良くしたい”と思っているはずなので、

モンスターペアレントを気にせず言ってほしいです。

 

 

友達とたまに争う

気になっていた友達関係。

 

 

自分から、グループに混じるという話しを聞いて安心しました。

 

小学校1年だと、特定の人と仲が良い

ということは、あまりないそうで

みんなで仲良く出来るのだそう。

 

外で遊ぶのがあまり得意でないと思っていたら、

案外そういう訳じゃなかったり。

 

 

完璧主義者という、意外な点

多くの生徒を見ている中で、先生の口から

「完璧主義者」

という言葉が出てきて、ビックリしました。

 

 

 

俺じゃん!血のせいじゃん!!

 

 

 

そう。

出来ないということに、非常に敏感な息子。

 

 

体育の授業で、前回りをした時にうまくいかなくて。

茶化されたそうなんですが・・・

 

そこで、息子のとった行動は、

 

 

 

すねて、体育館の後ろの方に行ってしまったんです。

 

 

 

  • 茶化されたことに対する怒り、
  • 自分が出来なかったという事実に対する反発。

 

 

そこを、もう少しおおらかな気持ちでいられることの特訓。

これが必要だと思いました。

 

 

分からないことを、「分からない」と言えない

 

 

自分のことを言えない(言わない)。

 

宿題で、”分からない”ということが言えない。

非常に悩んでいます(苦笑)

 

 

なぜ、自分を出せないか。

自分を出すということは、人生において非常に重要なファクター

だと思っています。

 

それが出来ないということは、

これから修行していかなくてはならないことだと思いました。

 

 

 

prince-yuhki.hatenablog.com