読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

地味な父の日でもプレゼントとか祝ってもらいたい

イベント

父の日とは

1909年アメリカワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド[1]Sonora Smart Dodd)が、手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃南北戦争が勃発。父ウィリアムが召集され、彼女を含む子供6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手1つで育てられたが、ウィリアムも子供達が皆成人した後、亡くなった。

最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた[2]。当時すでに母の日が始まっていたため、彼女は父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。

1916年アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになる[2]

1966年アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日[3]に制定される[2]

母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親前に白いバラを供えたからとされている。[要出典]1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられる[2]

Wikipediaより

 

母の日がなくて、とある女性が牧師協会にお願いして、

それが大統領に伝わって、国の記念日になった・・・

 

 

というストーリーらしいです。

 

 

 

 

 

とりあえず祝ってほしい

 

今年は6.19(Sun)にあるんですが、

とりあえず、言葉だけでも良いからお祝いしてほしい(笑)

 

 

(家族のために)仕事をがんばって、

家に帰れば育児・家事をやり、特に自分の時間もないまま就寝。。。

 

 

 

家事をやっても少しのミス(?)を強く当たられ、

「やらなきゃ良かった!」となったらなったで怒られ、

 

仕事でも、常に気を遣い身体も疲れ果て

その姿を見せると空気が悪くなる・カッコ悪いの世間体。

 

 

 

 

パパはどうすればいいんだ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)!!

 

 

 

 

 

 

ーーと、まぁ世間のお父さんの代弁のように、おおげさに書いてみましたが

とりあえず父の日くらい労ってくれよ、と。

 

 

 

 

プレゼントは?

 

せがむわけじゃないですが、

こういうのあるよね・・・的な感じで載せていきます。

 

 

 

アルコール

 

◯ビール

 

 

◯日本酒

 

 

◯ワイン

 

 

 

 

ファッション 

 

◯ネクタイ

 

 

◯シャツ

 

 

◯財布

 

 

◯時計