読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

タンスの肥やしになってる、一眼カメラを使いこなす

一眼カメラとデジカメの性能差

内部構造が違う

 

デジカメだと、映した映像をコンピュータを通して

液晶画面で見るというスタイルです。

 

一眼だと、レンズで見たものをそのままファインダーで見て

写真を残すというスタイルです。

 

 

イメージセンサーの違い

レンズから入った光を電気信号に変換する半導体(撮像素子)です。

人間の眼でいえば網膜に相当する部分で、

その性能がデジタルカメラで撮る写真の画質を大きく左右します。

 引用:http://news.mynavi.jp/articles/2013/05/28/smartphone_word6/

 

つまり、これが大きければ大きいほど綺麗に撮れる・・・

というわけです。

 

CCDとかCMOSとかありますが、最近はあまり気にしなくていいみたいです。

 

 

中判デジタルカメラ

一般にはない、商業で使われる

35mmフルサイズ

ハイエンドモデルの一眼カメラで使われている

APS-C

一般の一眼カメラで使われている

1型

(コンパクト)デジカメでも、少数に使われている

1/1.8型

(コンパクト)デジカメのハイエンドモデルで使われている

1/2.3型

(一世代前:1/2.7)

(コンパクト)デジカメの主流のサイズ

1/3型

iPhone5Sで使用された

1/3.2型

iPhone4Sで使われた

 

夜景とか、花火が撮れる

スマホとかデジカメだと、うまく暗い部分の撮影が出来ません。

これは、光を感じる(ISO感度)性能が低いからです。

 

一眼カメラは、この性能が高いです。

そのため、暗い部分で写真を撮っても綺麗に撮れるのです。

 

背景のぼかしが簡単に入る

撮像素子と呼ばれる性能が高く、

被写界深度と呼ばれる範囲を狭めることが出来るため

一眼カメラだと、綺麗に思える写真が撮れます。

  

フォーカスを合わせる性能が違う

シャッターボタンを半押しすると、ピントを勝手に合わせてくれるのですが

この勝手に合わせてくれる(=オートフォーカス:AF)性能が高いため

一眼カメラの方が早くピントを合わせてくれます。

  

 

種類

カメラ

 

NIKONニコン

綺麗に映す、くっきりさせたい写真にしたい場合に有利です。

  

 

 

 

 

CANONキヤノン

AFのスピードが早いので、動きを撮る(スポーツ)などは

キヤノン派という人が多いようです。

 

 

 

 
SONYソニー

マニアにはなりたくないけれど、

コンパクトデジカメよりは綺麗に撮りたい!

という人には、ソニーをオススメします。

 

 

 
 

撮るテクニック

通常

●シャッター速度
●絞り
 
●露出補正
撮りたいものが暗かった時に、上げる
明るすぎたら、下げる
 
赤みが欲しかったり、逆に青っぽくしたい場合
 
●フォーカス
ピントをしっかりさせるために、三脚を使える場面は使う
風景は、パンフォーカス(ぼかしなし)にする 
 

うごくもの

連続でシャッターを切るのを基本にする。

iPhoneで言う、バーストです。)

 

広角レンズを使って、近づく

背景をボケさせる

 

 

夜景/

三脚で撮る

絞りを開放する

ISO感度を上げる