読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ユーキトピア

『Try Everything』をテーマに、人生を見つめる投資家パパリーマンの日記

睡眠をもっと良くしていくために、寝ることを知ってみる

寝るということ

意識を無くして、動かない状態のことを言います。

言葉にすると、なんだかおそろしい・・・。

 

寝ることで、どんな働きをしてるのか

  1. 脳のお休み
  2. 細胞の再構築
  3. ホルモンの分泌

起きている限り、脳は休むことが出来ません。

そこで、寝ることで身体と脳まで休めよう・・・

という身体の再生機能が施されています。

 

脳には、毒素が溜まるので寝ることで毒素を除去している

とも言われています。

 

こどもの成長には、ホルモンの分泌が必要なので

たくさん寝る子は育つ、という言い伝えは間違いではないようです。

 

寝る仕組みとは?

睡眠のメカニズムを知ろう

 

レム睡眠(体を休める)と、

ノンレム睡眠(脳を休める)を

1時間半周期で繰り返しています。

 

夢を見る

1,記憶を整理している時に見る

→見たことがある人を見るようです。

 

2,レム睡眠の時に見る

→レム睡眠が来る4回、見ているようです。

 

3,目的は?

→衝動や、欲を夢で解決して精神安定させる

という説があるようです。

 

必要な睡眠時間

  • 0歳〜3歳   ・・・ 16時間
  • 3歳〜18歳  ・・・ 10時間
  • 19歳〜55歳 ・・・ 8時間
  • 55歳以降〜  ・・・ 6時間

 

寝過ぎると、余計に眠くなる

必要な眠り時間を超えると、眠りが浅くなる

→睡眠のリズムが狂って、睡眠の質が下がる

 

睡眠が足りないと・・・

  • 食欲が増やす”ペプチドホルモン”に、”グレリン”が増える
  • 食欲を減らす”レプチン”分泌が減少する

=結果、太りやすくなる

 

あと、寝ないと10日で死ぬ(らしい)。

何も食べないと2週間(14日)で死ぬと言われているよりも早く死んでしまうそう。

 

眠くなるメカニズム

メラトニン

眠りを誘発するホルモン。

光を浴びた14時間後に分泌をはじめる

 

寝付きを良くしたい

1,香り

以上の系統の香りは、

リラクセーション効果があって眠くなりやすい(と言われている)

 

2,リラックスさせる
  • 1/fの揺らぎ
  • α波

波の音などが、リラックスした効果が得られます。

 

目覚めるメカニズム

メラトニン”の分泌を止める

→3000ルクスの光を浴びると、止まると言われています。

 

また、体内時計(身体の中の生活リズム)と

24時間にズレがあるようです。

それを修正するのが、光。

 

要は、”光”が重要になってきます。

 

 

眠りをバツグンに良くするには!?

1,布団(マットレス)を高級なものにする

身体が沈みきってしまうと、寝返りを打てなくなり

寝返りで身体の歪みなど治すはずが、治らなくなります。

 

シモンズ

 

サータ

 

2,枕を高級なものにする

シモンズ 

 

シーリー

  

3,寝る場所を真っ暗にする

まぶたには、光を感じるセンサーがあるようです。

  • 暗いと、眠りモード
  • 明るいと、起きるモード

このメリハリが、良い睡眠を生みます。

 

4,ストレッチなど、血行を良くして寝る

血行を良くすると、体温が上がって寝やすくなります。

また、デトックス効果で身体の老廃物の除去に効果的です。

 

5,夜12時前には寝る

  • 夜8時  ・・・ 栄養の吸収に入る
  • 夜12時 ・・・ 細胞の修復に入る
  • 朝6時  ・・・ 排泄が活発になる